• ホーム
  • 毎月の生理から貧血になるのを防ぐためにビタミン剤

毎月の生理から貧血になるのを防ぐためにビタミン剤

2019年12月07日

女性は毎月、生理があります。
毎月の生理ごとに出血があるので、子宮筋腫などがあると出血量も多くなり、貧血になりやすくなります。
これを補うためにビタミン剤を服用するのは体の為にも良いことです。
ビタミン剤は鉄や葉酸、ビタミンCやBなどが配合されているものを選び、毎日、服用することによって、貧血が改善されることも可能です。
貧血になると、動悸や息切れ、めまいなど、日常生活にも困難をきたします。

白血球の数値を上げることにより、貧血が改善され、これらの症状が軽くなり、体を動かすことも楽になり、疲れやすさなども軽減されるでしょう。
貧血は毎日の食生活を見直し、鉄分が含まれているほうれん草やひじきなどの海草類、レバー、プルーンなどを食べて、改善を目指すことが望ましいですが、食事だけでの改善はなかなか難しいです。
意識してこれらの食物を摂っていても、万全とは言えないので、ビタミン剤を服用することにより、より効果が期待できることでしょう。
生理中は体の中の血液が出て行ってしまうので、補う必要があります。
ビタミン剤や鉄分が多く含まれている食物は、生理中のだるさや疲れやすさを軽減してくれます。
継続してビタミン剤を摂ることは、生理の出血量が多い人や子宮筋腫などの婦人病がある人には良い効果をもたらしてくれます。
生理の出血により、出て行ってしまう鉄分を補い、出血量も少なくなるかもしれません。

女性は生理を遅い人でも16歳までには迎え、閉経がある50代まで毎月、繰返します。
約30年間、体の中の血液を失うことを繰返します。
失った分は作らなければなりません。
食生活だけでは到底無理です。
女性に貧血の人が多いのはそういう理由からで、出産して子供を産むことでも血液を大量に失い、貧血になる人もいます。
鉄などのビタミン剤を服用し、元気で健康的な毎日を送りましょう。